<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< セカンドオピニオン。低体温の原因究明。 | main | 【モリモリ期】超簡単!!ゴマドレ作り♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
【モリモリ期】入院中にアレルギー検査
昨日の幼児食食事
〔邵撻僖
△にぎり(お弁当)
イワシの梅黒酢煮・ひじきと高野豆腐の煮物・お味噌汁・ご飯


今日の幼児食食事
,曚辰云討・焼き南瓜・きゅうり・お味噌汁・ご飯

△にぎり(お弁当)
焼き鮭・ボイソテポテトの梅味・ひじきと高野豆腐の煮物・お味噌汁・ご飯

おやつよつばのクローバーバナナ


先日の入院中に血液検査のために採血したので量が足りず(ォィォィ)
追加で採血をすることになったので、この際!!と思ってアレルギー検査をしてもらいました。

見る結果
非特異的IgE値 816
ヤケヒョウダニ 1.03 class2
コナヒョウダニ 0.44 class1
ハウスダスト1 0.64 class1
ハイスダスト2 0.68 class1
ネコ皮屑    0.35以下
イヌ皮屑    1.53 class2
ヨモギ     0.47 class1
スギ      3.48 class2
卵白      0.90 class2
ミルク     0.35以下 (隠れ型アレルギー)
大豆      0.35以下
卵黄      0.68 class1
オボムコイド  0.35以下

という結果になりました。
ちなみに、非特異的IgEは2歳児だと【40以上】が陽性基準値となるので
数値的にも上がってると感じます冷や汗
前回の検査の結果はこちら。
前々回の検査結果はこちら。


卵白の数値は、前回よりは下がりましたがclass変動はなし。
でも、これは成長もしてるし下がったと見なしてもいいと思いますが
完全除去はまだまだ続きます。
これは主治医の方針と私たち家族の生活状況で決まっていますが、幼稚園入園とか
プレで預けることがあるようだったら、その前には相談しようと思っています。

そして、アレルギー性鼻炎・結膜炎の疑いがあったのがやはり‥という結果。
それとハウスダストやダニに反応が出たので、主人と急遽相談して購入したものは
デッキ型すのこベッドダブルベッドミラーレースカーテン【Demi】です。
Bedが壊れてからは、すのこベッドを敷いてマットレスを乗せていました。
でも、数値が出始めた以上対策をして損することはない!!ということで
デッキ型すのこベッドダブルベッドを購入しました財布
床から45cm以上の場所で寝ると、ほこりや花粉などから守ることが出来るみたいです。
実際、毎夜咳きこんでたのから解放されたこともあったので
やはり‥という感じです汗
喘息になってしまう前に、可能性がある状態になった時点で、後悔しないように。
それとレースカーテンは、花粉やハウスダストを付着しやすくなってるらしく
ないよりまし‥というくらいのようですが、この際!!と買い換えました。
もちろん、カーテンも色々と探しています。
予算の関係もあるので、リビングと寝室をまず買換えしています。
それと布団カバーもお友達にいいのを教えてもらったので、今週末に注文する予定です。
教えてもらってからも、いろいろと考えたり探したりして結果はやはり教えてもらったのにすることにしました楽しい
布団の買い替えも考え中ですが、これはもっとじっくりと選ぼうと思ってまずはカバー。

まだ症状が出てないのに、そんなに対策が必要なのか!?と聞かれたら
そうじゃないかもしれません。
でも、私が成人してから喘息発作が起こったこともあり、苦しさは十分に身にしみています。
それと、私の幼馴染が喘息発作がキッカケで亡くなっています。
なので、喘息は命にかかわる病気だと思ってるので、出来れば発作を起こさないように。
もし、起こしてしまっても少しでも軽減できるように。
出来る対策はしておこうと思っています。

1番の問題は、我が家にはMダックスが2匹います犬犬
今のところ、なんともありませんが【怪しい】と思ったらすぐにまずは
近県に住む親友に2週間くらい預けてみようと思っています。
それで治まるようであれば、しばらく実家に預けるようにすることにしました。
よくよく考えて、しっかりと対応していきたいと思っています。

咳きこんでた時の咳は、『吐く時』じゃなかったので今のところは‥という対応ですが
もっと考えていこうと思っています。
食物系は、和食で食べさせると除去するという苦労もなく過ごせていますが
環境系は、なかなか完全除去なんては無理だし共存を上手にしていかなきゃ‥と思います。
でも、もっと数値が高くても症状としては出てない人もたくさんいます。
数値だけが全てじゃないけど、数値に出たということは重く受け止めたいと思っています。
水泳と体操、小児鍼もこのまま続けて【身体作り】のことももっと考えていきたいと思っています。

なかなかいいようには進みませんが、これが「あっちゃんの生き方」なんですよね。
| comments(0) | trackbacks(0) | Body* |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://ties118.jugem.jp/trackback/332
トラックバック